トップページへ戻る







発生年月日
苦情要望の内容
苦情要望の解決内容
11月 苦情・要望はありませんでした。  
10月 サービス利用に必要な書類に関してご家族より依頼された件について、もっと早く対応して欲しいとの要望がありました。 施設長がご家族のお話を伺い、状況の説明をし謝罪しました。
9月 保護者より利用者の中で威圧的な言動をする方に対する職員の対応についてご要望がありました。
保護者へ状況確認及び説明を行い、活動中の状況を注意して見守るよう職員へ周知しました。
8月 苦情・要望はありませんでした。  
7月 保護者より行事の際の迎えの時間について書面で連絡してほしいとご要望がありました。 連絡ノートへの記載を徹底するよう職員間で話し合いました。




社会福祉法第82条の規定により、当施設では常にその提供するサービスについて、利用者等からの苦情に適切に対応する体制を整えています。苦情への適切な対応により、福祉サービスに対する利用者の満足感を高めることや、早急な虐待防止対策が講じられ、利用者個人の権利を擁護するとともに、利用者が福祉サービスを適切に利用できるよう支援するためのものです。皆様からいただいたご意見は、迅速かつ適切な対応につとめていきます。
1.苦情受付責任者 山本由紀子
2.苦情受付担当者 早野 均
3.第三者委員 医師・弁護士・有識者等

岡 孝氏(医師)
裾野市二ツ屋140-1 TEL 055-995-1188

内海 雅秀氏(弁護士)
御殿場市二枚橋239 二枚橋プラザ2階
TEL 0550-82-7635

大葉 和子氏(有識者)
裾野市深良2413 TEL 055-992-0485
4.苦情解決の方法
(1)苦情の受付・報告・確認
・苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受付ます ・苦情受付担当者が受付けた苦情を苦情解決責任者に報告いたします。
・苦情解決責任者は内容を確認し、苦情申出人に対して報告を受けた旨を通知します。
(2)苦情解決のための話し合い
・苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話合い、解決に努めます。